満願ビレッジキャンプ場

オンライン予約

0494-62-4726 受付時間9:00〜17:00

お問い合わせ

WOOD STOVE薪ストーブ

薪ストーブのご利用について

薪ストーブはスーパーウッドデラックスのみ設置されています。

薪ストーブの火を眺めながらゆったりと過ごすスーパーウッドデラックスは格別の空間ですが、薪ストーブの扱いは火災や怪我の危険も併せ持っています。
その扱い方はテントの張り方や、ランタンの使い方を覚える程度で難しいものではありませんので、この説明書を読んでいただき、安全に薪ストーブをご利用ください。

着火の前に

  • 暖炉・ストーブの廻り90センチメートル四方より可燃物を片付けてください。
    煙突付近やスプレー缶など置かぬよう注意してください。
  • シンク上の換気扇は、ストーブの煙を部屋の中へ逆流させてしまいますので、必ず止めて下さい。

※灰は薪ストーブ炉内保護のため少量残してありますのでご了承ください。
※薪ストーブを使う際には当キャンプ場で用意した革製ストーブグローブ着用して作業してください。

着火

  • 薪ストーブの空気調整バルブは全開にします。
  • 新聞紙を丸めたものまたは着火剤をストーブ燃焼室の中心部に置き、なるべく細めの薪をかぶせ、紙や着火材に点火します。
    扉は開けたままか閉め切らず1cmほど空けた状態にします。
    ※煙突が冷えていて煙突から風が室内に吹き込んでいるような場合煙の吸い込みが弱いので、最初に丸めた新聞紙や着火材等のみ燃焼させ、炉内から煙突を暖めておくと、薪への着火もスムーズです。
  • 火勢が強くなったら(薪に火が移ったら)薪を2~3本追加します。
    ※薪は奥の方に置き、手前の方は空けておいてください。手前で燃やすと、室内に煙が出てきたり、燃えている薪が落ちたりして危険です。
  • 安定して燃え始めたら扉は完全に閉めてください。

調整

  • 空気調整バルブの開度を調節して希望の燃焼温度に近づけていきます。
    ストーブ内の温度はストーブトップの温度計で確認し、白色の範囲で燃焼させてください。
    ※温度が高くなって来たら空気調整バルブを段々閉めましょう。
    ※高くなりすぎても急激に低くすることは出来ませんので、余裕をもって閉め始めましょう。
    ※温度の高い状態で全部締め切ってしまうと大変危険な状態になりますので燃やしすぎ、全閉にはご注意ください。
  • 温度計の温度が白色の半分より低い温度で随時2~3本薪を追加してください。
    ※薪の追加時・空気調整バルブを操作するときは必ず備え付けのストーブグローブの着用をお忘れなく。
    ※薪の追加時など扉を開けるときは、空気調整バルブを全開にしてドアを勢いよく開けず、ほんの少し開けて4~5秒待った後、ゆっくりと大きく開けてください。

消火

薪ストーブは機密構造になっており、空気調整バルブを全閉することで燃焼用空気が遮断され、やがて消火します。
薪の分解燃焼中に空気を遮断すると、タール(クレオソート)が発生しますので、消火はどうしても必要のないかぎりは、完全に燃え尽きさせる自然消火させてください。
就寝前に消火する必要はありません。
適切な温度以内でしたら火をつけたまま出かけていただくことも可能です。
チェックアウトの際、灰もそのままにしておいてください。

禁止事項

  • 消火のために水をかけるのはやめて下さい。ストーブが熱変化で壊れてしまいます。
  • ストーブトップのやかん、鍋の吹きこぼれもダメージが大きいので載せる場合にはご注意ください。
    ガラスが割れるなどした場合、その後の使用が出来なくなります。
  • 焼却炉のようになんでも燃やしていいものではありませんのでご注意ください。
    燃やしていいもの
    薪のみ(杉、コナラ、くぬぎなど)
    燃やしてはいけないもの
    雑誌、段ボール、紙屑、※紙の使用は着火のときだけにしてください。
    松、流木、竹
    建築廃材(コンパネ、新建材、合板、接着剤、塗料、薬剤が使ってあるもの)
    ビニールほか包装材など
    ※不明な場合はスタッフにお問い合わせください。

その他

  • 薪をお客様ご自身で用意される際には前述の燃やしてはいけないものをお持ち込みにならないようお願いいたします。
  • 薪ストーブ利用に伴う事故、怪我など一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
満願ビレッジの販売品
1束 800円
着火剤
1袋 320円

古新聞などの紙は用意しておりませんので予めご了承ください。